eUREKA!4147のレビュー&ブログ

日常とグルメや購入した物など興味を持った物事をレビューしています。動画も始めました。よろしくお願いします。

高評価シリコーン除去剤を比較テストしてみた結果・・・

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-1-202204-1024x576.jpg

今回はちょっとしたテストをしてみたいと思います。実はS2000フォグランプをリペアしたいのですが、レンズがコーキングで本体に接着されていて外せません。そこでシール剥がし剤やコーキング除去剤を使って外せないかと思い早速検索。
使用する製品の条件としてプラスチックや金属を犯さずコーキングを溶かすもので探してみました。アマゾンで評価の高いコーキング、シール剥がし剤があったので、これらを購入して実際に使用する前に試してみました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-2-202204-1024x576.jpg

テストするのは、ディゾルビット社製のコントラクターズ・ソルベント ハンドスプレータイプと、(WAKI)和気産業社製の強力シリコーン除去スプレーPRO、家にあったdufix(ドフィックス) 社製のシール剥がし、同じく家にあったダイソーのシール剥がし液とスプレーです。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-3-202204-1024x576.jpg

ディゾルビット社製のコントラクターズ・ソルベントの成分はオレンジオイル、高精製ミネラルオイル、非イオン界面活性剤で、メーカーによると天然オレンジオイルを配合していて金属・木材・塗装などの素材は傷めに、グリース・潤滑油・ダクトテープ類・油汚れ・タール・すすなどの汚れを剥がせるとのことです。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-4-202204-1024x576.jpg

和気産業社製の強力シリコーン除去スプレーPROの成分は石油系溶剤、珪素(けいそ)系溶剤、可塑(かそ)剤、噴射剤で、メーカーによると素早くシリコーンに浸透し、膨潤(ぼうじゅん)させることで落とせなかったシリコーンコーキングを簡単に除去できるとのことです。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-5-202204-1024x576.jpg

dufix(ドフィックス) 社製のシール剥がしの成分は石油系炭化水素

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-6-202204-1024x576.jpg

ダイソーのシール剥がし液の成分は有機溶剤としか表記が無いので詳細は分かりません。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-7-202204-1024x576.jpg

ダイソーのシール剥がしスプレーの成分は炭化水素有機溶剤、リモネン、LPGとなっています。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-8-202204-1024x576.jpg

テスト用の素材はパッケージに良く使われているプラスチックのケースから切り出した板の上にコーキング剤を盛ったものを用意しました。このテスト用のコーキングにそれぞれ塗布して、どれが一番効果を感じられるか試してみます。

 

始めにディゾルビット社製のコントラクターズ・ソルベントを塗布します。

次に和気産業社製の強力シリコーン除去スプレーPRO。そしてdufix(ドフィックス) 社製とダイソーのシール剥がしを塗布します。塗布して30分ほど放置して、それぞれ効果のほどを見る事にします。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-9-202204-1024x576.jpg

30分放置してみましたが、どの製品も盛ったコーキングの表面やエッヂが柔らかくなったり膨張したりといった変化は見られませんでした。コーキングを盛っていることもあり、放置する時間が短すぎて浸透しきれなかったのかもしれません。タップリと追加塗布して更に1時間放置する事にしました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-11-202204-1024x576.jpg

1時間後、それぞれ状態を確認します。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-12-202204-1024x576.jpg

ディゾルビット社製のコントラクターズ・ソルベントを塗布したコーキングには特に変化は感じられません。そこで、盛ったコーキングをカッターナイフで削り取りました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-13-202204-1024x576.jpg

削り取った後にコントラクターズ・ソルベントを塗布し、ウエスで拭き取ってみます。結果、まったく拭き取ることが出来ませんでした。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-14-202204-1024x576.jpg

次に次に和気産業社製の強力シリコーン除去スプレーPROを塗布したコーキング。4つのテスト素材中、唯一コーキングの周囲が白く曇っていました。少し期待しましたが、やはり変化は感じられませんでした。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-15-202204-1024x576.jpg

これも削り取って拭き取ってみます。強力シリコーン除去スプレーPROも全く拭き取れませんでした。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-16-202204-1024x576.jpg

dufix(ドフィックス) 社製のシール剥がしを塗布したコーキングも変化なし。拭き取りテストも全く拭き取れませんでした。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-17-202204-1024x576.jpg

最後にダイソーのシール剥がしを塗布したコーキング。これも変化も無く、拭き取る事も出来ませんでした。

 

最後に私が希望する使用状況とは異なりますが、除去剤を塗布しながらスクレーパーで削り取ってみます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-18-202204-1024x576.jpg

ディゾルビット社製のコントラクターズ・ソルベントはオイルベースなので、滑る感じでコーキングの表面を削り取っていけます。ただし、薄皮一枚コーキングが残ってしまいます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-19-202204-1024x576.jpg

和気産業社製の強力シリコーン除去スプレーPROは揮発性があり、コーキングの表面がポロポロと剥げる感じです。そしてやはり薄皮一枚コーキングが残ります。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-20-202204-1024x576.jpg

dufix(ドフィックス) 社製のシール剥がしはゴリゴリとした感触があり、あまり削り取れませんでした。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-21-202204-1024x576.jpg

ダイソーのシール剥がしは更にゴリゴリとした感じで、ほとんど削り取ることは出来ませんでした。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-22-202204-1024x576.jpg

今回のテストの総評としては、結果どの製品も完全に硬化した厚手のコーキング剥がしには効果がありませんでした。

 

メーカーもまず、コーキングはできるだけ削り取ってから使用とか、硬化してしまったコーキングは不可とか、コーキングを溶かす効果はないと書いていますから、今回のテストは本来の使用方法とは異なっているので仕方ないですね。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-23-202204-1024x576.jpg

dufix(ドフィックス) 社製とダイソーのシール剥がしは、そもそもシール剥がし材なので効果なくて当たり前。効果があればみっけものでしたけどね。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-25-202204-1024x576.jpg

ちなみに、家にあった油絵具用リムーバーと塗料用ラッカーも試してみましたが、結果は全く変化なし。改めてコーキングの無敵さを痛感しました。

どうやってフォグライトのコーキングを除去するのか、また考え直さないといけません。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/04/repair-test-26-202204-1024x576.jpg

 

 

 

 

コタツのヒーターをDIYで修理してみた・・・結果・・・


www.youtube.com

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-1-202203-1024x576.jpg今回は長年使用していたコタツのヒーターが動かなくなってしまったので、DIYで修理することにしました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-2-202203-1024x576.jpg

分解前に再度電源を入れて動作するか確認します。やはり動作しませんでした。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-3-202203-1024x576.jpg

このヒーターはメトロ製MSF-500Hでした。2012年製、10年前の製品なんですね。そんなに経っていたとは思いませんでした、やっぱり寿命ですかね。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-4-202203-1024x576.jpg

タツのヒーターが動かなくなる原因として多いのが温度ヒューズ切れです。分解してテスターでヒューズの導通を確認します。ヒーターは長年の埃などで引くほど汚れていたので予め掃除機で掃除しておきました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-5-202203-1024x576.jpg

まずはカバーを外していきます。ネジは表に2箇所、サイドに左右2箇所づつ、計6箇所あります。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-6-202203-1024x576.jpg

カバーが外せたらヒーター部分を分離していきます。ヒーターの分離にはネジ8箇所を外します。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-7-202203-1024x576.jpg

ヒーターの分離が完了しました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-8-202203-1024x576.jpg

今度はヒューズが取り替えられやすいようにコントロールユニットを外していきます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-9-202203-1024x576.jpg

コントロールユニットを外したので、ヒューズが見やすくなりました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-10-202203-1024x576.jpg

ヒューズは温度調節の近くの白い断熱材の中に隠れていました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-11-202203-1024x576.jpg

使用されている温度ヒューズは冨士端子工業製で動作温度が129度のヒューズでした。交換用のヒューズを購入するときは必ず適合するヒューズを購入します。適合規格以外のヒューズを使うと火災や感電などの危険があります。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-12-202203-1024x576.jpg

このメトロ社製のヒーターの場合、ヒューズの動作温度はここに刻印されてました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-13-202203-1024x576.jpg

では、ヒューズをテスターでテストします。ん!?導通してる・・・。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-14-202203-1024x576.jpg

ファンも導通を確認。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-15-202203-1024x576.jpg

コントローラーも全て導通してました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-16-202203-1024x576.jpg

2本あるヒーターも問題なし。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-17-202203-1024x576.jpg

後考えられるのはコードとスイッチですね。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-18-202203-1024x576.jpg

よく観察するとコンセント根元部分に蓋を発見。開けてみると中にヒューズが入っていました。このヒューズも調べてみると導通していました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-19-202203-1024x576.jpg

次にスイッチ部分を調べます。コンセントを差し、スイッチを入れて100V来ているか調べます。100V来てますね。スイッチ部分も問題なし。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-20-202203-1024x576.jpg

最後に本体接続部分です。感電に気を付けながら作業しましょう。ん?

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-21-202203-1024x576.jpg

検査の結果、どこにも異常がないという結果に混乱しましたが、注意深く調べていくと意外な原因が発覚しました。お判りいただけますか?原因はスイッチの動作不良でした。スイッチの接点が動いていません。検査の際に、たまたま接点が動いたのでテスターが反応したようです。どうやら経年によりバネの弾性が弱くなってしまったため、接点の金属板を押しきれなくなったようです。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-22-202203-1024x576.jpg

バネを取り外し、伸ばして弾性を戻してやります。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-23-202203-1024x576.jpg

組み付けして試した結果、無事に動作するようになりました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-24-202203-1024x576.jpg

ヒーターを仮組して最終テストをします。
ファンも問題なく回り、ヒーターも作動しました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-25-202203-1024x576.jpg

これで暫くの間買い替えせず、使えるようになりました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/03/%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-26-202203-1024x576.jpg

タツの修理は電気、熱源を伴う作業となるのでDIYでの修理は十分注意が必要です。
また、補償なども利かないため感電や火災などのリスクも自己責任となります。
不安な方は買い替えかプロに修理を依頼することをお勧めします。



水漏れした水道管をDIYで交換


www.youtube.com

今回は放置していた水漏れする水道管をDIYで直してみました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8C%E6%B0%B4%E6%BC%8F%E3%82%8C%E3%81%AE%E7%97%95%E8%B7%A1-1024x576.jpgこれが水漏れの痕跡です。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E8%93%8B%E3%82%92%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%BE%E6%94%BE%E7%BD%AE-1024x576.jpg以前、両親が水漏れを発見したらしいのですが、水道管を切断し、蓋をしたまま放置されていました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E6%8E%A5%E5%90%88%E9%83%A8%E5%88%86%E3%82%92%E5%85%A8%E3%81%A6%E3%82%84%E3%82%8A%E7%9B%B4%E3%81%99-1024x576.jpgこの水道管は庭の蛇口に繋がっていて、庭の散水や汚れもの用の洗濯機への給水に使っていました。雨水やバケツで凌いでいましたが、不便なのでこの機に直す事にしました。
水道管を見てみると、漏れている部分だけ直すのは無理そうなので接合部分を全てやり直す事にしました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E8%A6%81%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E9%83%A8%E5%88%86%E3%82%92%E5%88%87%E6%96%AD-1024x576.jpgまずは要らない部分を切断します。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E7%B0%A1%E5%8D%98%E3%81%AA%E5%BD%A2%E7%8A%B6%E3%81%AB%E5%A4%89%E6%9B%B4-1024x576.jpg寸法を測ってパイプを切断、パーツを作っていきます。今回は元の形状より少し簡単な形状に変更しました。元の水道管の切断面に継手を仮組してから新しいパイプを必要な長さにカットします。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E9%82%AA%E9%AD%94%E3%81%AA%E9%83%A8%E5%88%86-1024x576.jpg蓋をしたもう片方に取り掛かる前にコンクリートの邪魔な部分を取り除きます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E8%93%8B%E3%81%AE%E9%83%A8%E5%88%86%E3%82%92%E5%88%87%E6%96%AD-1024x576.jpg蓋の部分を切断しますが、スペースなどの問題で切断に苦戦しました。レシプロソーで切断したのですが、パイプをしっかり固定できないため刃と一緒にパイプが動いて切断できないんですよね。半ば強引に切除しました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%92%E4%BB%98%E3%81%91%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99-1024x576.jpg切り出したパイプはやすりで切断面を均してバリ取りをします。このときパイプの切断面を少し斜めに削ってテーパーを付けておきます。仮組をして問題がないか確かめます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E5%90%84%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%92%E6%8E%A5%E7%9D%80-1024x576.jpg問題なければ塩ビパイプ用ボンドで各パーツを接着していきます。ボンドは継手やエルボの内側とパイプの外側に塗ります。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E5%8A%9B%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%84%E6%8A%BC%E3%81%97%E8%BE%BC%E3%81%BF%E3%81%BE%E3%81%99-1024x576.jpgボンドを塗ったら力いっぱい押し込みます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AA%E6%84%9F%E3%81%98-1024x576.jpg同じようにしてエルボの部分を完成させます。こんな感じですね。
次に継ぎ手部分を接着していきます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E5%BF%B5%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81-1024x576.jpg全て接着し終わりましたが、念のため接合部分にシール材を塗布しました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E5%8D%8A%E6%97%A5%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%8B%E3%82%89-1024x576.jpgシール材が固まるまで2~3日おいてから水道管にボンドで接着、シール材で補強しました。もう片方も同じように作業して様子を見ます。半日ほどおいてから元栓を開けて水漏れが無いことを確認しました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E9%8F%9D%E3%81%A7%E5%9D%87%E3%81%97%E3%81%A6%E5%AE%8C%E6%88%90-1024x576.jpg露出した水道管をセメントで埋めていきます。施工面積が狭いので水を加えて混ぜるだけの簡易セメントを使用しました。面倒な準備も要らないので楽ですね。ついでにグラついていたコンクリートも剥がしました。セメントを盛ってコテで均して完成。これで修繕完了と思っていたのですが・・・。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E6%B0%B4%E6%BC%8F%E3%82%8C2-1024x576.jpg

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E6%B0%B4%E6%BC%8F%E3%82%8C1-1024x576.jpg数日後、施工したコンクリート面が湿っているのに気が付きました。せっかく施工したコンクリートですが、はつって水道管を確認しました。一日に一滴程度ですが合計3ヵ所で水漏れしていました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%97%E3%82%AB%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BCsk11-1024x576.jpgそこで今度は失敗しないように本気の道具もそろえました。パイプカッターはハサミのように使えるラチェット式と迷いましたが、将来的に足場用単管パイプも切断したいので単管パイプ対応のSK11 PCB-50を購入しました。使い方は簡単で、パイプを挟んで刃を調整しながらパイプの周りをクルクル回転させるだけ。綺麗な切断面でカットできます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E5%86%85%E5%BE%84%E7%94%A8-1024x576.jpg内径用

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E5%A4%96%E5%BE%84%E7%94%A8-1024x576.jpg外径用
これはチューブリーマ。パイプの内外径のバリを取るとともにテーパーも付けてくれます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%97%E5%86%85%E3%81%AE%E6%AE%B5%E5%B7%AE-1024x576.jpg継手やエルボをよく見ると内側に段差があるのが分かります。パイプを差し込むときはこの段差まで差し込まないといけないので、段差までの距離を測ります。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E6%AE%B5%E5%B7%AE%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AE%E8%B7%9D%E9%9B%A2-1024x576.jpg継手もエルボも約3センチでした。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E7%9B%AE%E5%8D%B0%E3%81%AB%E5%BD%93%E3%81%9F%E3%82%8B%E3%82%88%E3%81%86%E8%AA%BF%E6%95%B4-1024x576.jpgではパーツを準備していきます。予め測っておいた長さにパイプをカットしていきます。ノブを回してパイプを挟みながら刃が目印に当たるよう調整します。後は時々ノブを回して刃を押し出しながらパイプの周りをクルクルと回していきます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E5%88%87%E6%96%AD%E9%9D%A2%E3%81%AF%E7%9C%9F%E3%81%A3%E3%81%99%E3%81%90-1024x576.jpgハイ切れました。切断面は真っすぐで、バリも少なく綺麗です。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E3%83%90%E3%83%AA%E5%8F%96%E3%82%8A-1024x576.jpg次にチューブトリーマで内外径のバリ取りとテーパー付けをします。こうすることで継手と接続する際にしっかりと奥まで差し込め、隙間なく接着することができます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%81%E3%81%AE%E6%89%80%E3%81%AB%E5%8D%B0-1024x576.jpg切断したパイプの3センチの所に印を付けます。継手に差し込む際、この印の所まで差し込むようにします。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AF%E3%83%97%E3%83%AD%E7%94%A8-1024x576.jpgボンドはプロ用の塩ビパイプ用を購入しました。プロ用と言っても中身は前回使用した物と同じです。違いは容量と刷毛の大きさですね。後で説明しますが、実はこの違いが重要なんです。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%92%E5%A1%97%E5%B8%83%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%81%AF-1024x576.jpg各パーツの準備が出来たらボンドを塗布します。ボンドを塗布するときは、パイプ側には先端部分、半分から2/3の所までにややタップリ目に塗布します。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%82%84%E7%B6%99%E6%89%8B%E3%81%AE%E5%86%85%E5%81%B4%E3%81%AB%E3%81%AF-1024x576.jpgエルボや継手の内側には、手前半分から2/3の所までにややタップリ目に塗布します。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E7%B4%A0%E6%97%A9%E3%81%8F%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%92%E5%A1%97%E3%81%A3%E3%81%A6-1024x576.jpg素早くボンドを塗って素早く奥まで差込み、差し込んだパイプが戻らないよう、約10秒ほどキープします。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E3%82%B4%E3%83%A0%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%81%A7-1024x576.jpgと言いつつ、チョット手間取って失敗しました。慌ててゴムハンマーで叩き込んでいます。
少し差し込み具合が足りませんが、気を取り直して次行ってみましょう。
先述したプロ用のボンドを購入した理由ですが、タップリ目にボンドを塗布するので接続箇所が多いと足らなくなる可能性があるのと、素早くタップリ塗布するのに大き目の刷毛が不可欠だからです。
前回使ったのはプラモデル屋さんでよく見かける三角錐の瓶入りタイプで、蓋に小さく細い刷毛が付いたものでした。これだと素早くたっぷりのボンドを塗布できません。プラモデルではボンドは出来る限り少量で接着するのが基本ですが、塩ビパイプの接着はそうではないようです。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E8%A1%A8%E9%9D%A2%E3%82%92%E5%B0%91%E3%81%97%E6%BA%B6%E3%81%8B%E3%81%99%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AB%E3%82%88%E3%81%A3%E3%81%A6-1024x576.jpg塗布したボンドが塩ビパイプの表面を少し溶かすことによって差し込んだ際にシール材のように隙間を無くして固まるようです。そのため少し多めに塗布するのがコツみたいです。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%97%E6%96%AD%E9%9D%A21-1024x576.jpg

 

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%97%E6%96%AD%E9%9D%A22-1024x576.jpgボンドの塗り方にも理由があって、構造上パイプは真っすぐですが、継手やエルボは手前より奥が狭くなっています。そのためパイプを差し込んだ際、先端に塗布した余分なボンドは後方へ押されます。継手の手前に塗布したボンドはパイプとの隙間を無くします。こうすることで塗り過ぎを抑え、接着面全体を隙間なく接着し、綺麗に仕上げることが出来ます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E6%89%8B%E9%9A%9B%E3%82%88%E3%81%8F%E3%82%84%E3%82%8C%E3%81%B0-1024x576.jpg手際よくうまくやればこんな感じになります。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%9D%90%E3%81%8C%E5%9B%BA%E3%81%BE%E3%82%8B%E3%81%BE%E3%81%A7-1024x576.jpg結局、差込が浅い部分には念のためシール材を盛っておきました。シール材が固まるまで数日おいておきました。

前回の失敗部分を切断します。はつり作業で傷付けてしまったパイプ部分もカットしました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%97%E3%82%AB%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%8C%E6%B4%BB%E8%BA%8D-1024x576.jpgパイプカッターが使えるところではパイプカッターを使って切断しました。スペースにもよりますが、パイプを固定できない場所でのパイプ切断はパイプカッターが活躍します。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%AB%E4%BD%9C%E3%82%8A%E7%9B%B4%E3%81%97%E3%81%9F%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%97-1024x576.jpg残念ながら水漏れしてしまったパイプを取り外して、新たに作り直したパイプをセットします。作り直したパーツを最終確認して交換の準備をしていきます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E3%81%97%E3%81%B0%E3%82%89%E3%81%8F%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%97-1024x576.jpgここはパイプカッターが使えなかったのでヤスリで断面を整えました。チューブリーマでバリ取りして、ボンドを塗ったら素早く思いきり押し込み、しばらくキープ。カメラアングルやピントを気にしていると失敗してしまいますね。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E5%A1%97%E5%B8%83%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F-1024x576.jpg接続部分にはシール材を塗布しておきました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E5%BE%8C%E6%95%B0%E6%99%82%E9%96%93%E6%94%BE%E7%BD%AE-1024x576.jpg交換後、数時間放置してボンドやシール材が固まるのを待ってから水道の元栓を開いて様子見です。前回は交換の次の日にセメントを流し込んだ結果、水圧に負けて水漏れし、せっかく打ったコンクリートをはつる事になったので、今回は水圧をかけてから10日程放置して水漏れが無いか確認しました。全部の接続部分を何度も確認しましたが水漏れはありませんでした。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E5%9C%9F%E3%82%92%E8%B6%B3%E3%81%97%E3%81%A6-1024x576.jpgパイプの交換は問題なかったので、はつった部分にコンクリートを打っていきます。前回はコンクリートを厚くし過ぎたので、今回は土を足してコンクリートを薄くします。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E7%B0%A1%E6%98%93%E3%82%BB%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%A7%E6%96%BD%E5%B7%A5-1024x576.jpg今回も水を加えるだけの簡易セメントで施工しました。鏝は漆喰壁の補修で使った鏝を代用しています。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/%E4%BB%95%E4%B8%8A%E3%81%8C%E3%82%8A-1024x576.jpg面積も小さく、普段目に付かない場所なので、水漏れサしなければ仕上げは不細工ですが気にしません。今回のDIYも勉強になることも多く、反省点の多い作業になりました。 

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2022/02/end-cut-1024x576.jpg

 

 

 

DIYでスマホのバッテリー交換とリフレッシュしてみた


www.youtube.com

今回は劣化で膨らんだバッテリーのせいでディスプレイ部分が剥がれてしまったスマホを修理していきます。

スマホの現状とdocomoの補償

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-1-202111-1024x576.jpg

仕事中にバリバリという音と共に剥がれたSONY XPERIA XZ SO-01Jのディスプレイ。家に帰ってよく見てみたらこんな状態でした。どうやらバッテリーが劣化して膨張し、中からディスプレイを押した結果ディスプレイが剥がれてしまったようです。

ケータイ補償サービスって・・・

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/%E5%A5%91%E7%B4%84%E5%86%85%E5%AE%B92-1024x576.jpg

私はドコモのケータイ補償サービスを利用しているので、この補償を利用してスマホ本体の交換も可能です。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/%E6%89%8B%E7%B6%9A%E7%94%BB%E9%9D%A2-1024x576.jpg

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/xz%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E7%B5%82%E4%BA%86-1024x576.jpg

ですが、問い合わせてみるとXPERIA XZは古い機種なので修理受付期間も終了していているらしく、同等品と交換となるようです。しかも8250円の料金がかかってしまいます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/experia10II-so41a-1-1024x576.jpg

8250円支払って交換できる機種はSONY XPERIA 10 II SO-41A 。2020年6月に発売された比較的新しい機種と交換できるのは嬉しいですが、即決する前にスペックを比較してみました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/experia10II-so41a-2-1024x576.jpg

XPERIA 10 II のCPU、Snapdragon 665は魅力的ですが、XPERIA XZに比べカメラの画素数は約半分、防水機能はお風呂非対応、ワンセグ/フルセグには非対応。また、店頭で申し込むと別途料金がかかるうえ、データの移行やアプリ設定にも別途料金が必要となります。結局2万円ちかく支払う事になり機種交換も魅力半減。色々理由があって機種交換はしない事にしました。
(※編集中にXPERIA 10 II が在庫無し・販売終了となり、交換も出来な無くなっていました。)

スマホ修理専門店にも問い合わせましたが、電池交換で1万5千円程度かかるということでした。

 

色々と考慮した結果

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/xperia1-3-1024x576.jpg

いま住んでいる地域が5Gに対応したら5G対応の機種に買い替えを考えているので、出来る限りお金をかけたくないんですよね。それに古くなったケースを交換するため、新しいケースと保護フィルムを注文したばかりだったんですよね。そこで今回はバッテリーの交換、修理をDIYしてみようと思います。

 

バッテリー交換の手順

作業前の準備

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-2-202111-1024x576.jpg

それでは早速、作業を開始します。SONY XPERIA XZ のバッテリー交換作業は詳しく紹介されている海外のサイトを参考に進めていきます。まずはスマホの電源をOFFにします。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-3-202111-1024x576.jpg

次にSIMスロットからSIMカードmicroSDカードを抜き取ります。

 

液晶を外す

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-4-202111-1024x576.jpg

いよいよディスプレイを剥がしていきます。通常、このディスプレイを剥がす作業がDIYするうえで最も壊すリスクが高く、手間取る作業のようです。私の場合、運よくディスプレイが剥がれた状態なので、ヒートガンを使う必要がなかったのは不幸中の幸いでした。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-5-202111-1024x576.jpg

ディスプレイは本体とFPC(Flexible printed circuits フレキシブルプリント回路基板)で繋がっているので注意します。FPCコネクタのカバーを外します。フックで固定されいるので少し外しにくいですが、壊さないよう注意しながら外します。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-6-202111-1024x576.jpg

カバーが外せたら、コネクタの両端を交互にこじりながら慎重にコネクタを外します。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-7-202111-1024x576.jpg

無事ディスプレイが分離できました。分解ついでに長年の埃や汚れを綺麗に掃除しておきました。

 

基盤を外す

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-8-202111-1024x576.jpg

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-9-202111-1024x576.jpg

今回の修理のメインとなるバッテリーは基盤の下になるので、基盤を外していきます。バッテリと基盤を繋ぐコネクタのカバーを外し、コネクタを外します。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-10-202111-1024x576.jpg

基盤を固定しているネジ8本を外します。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-11-202111-1024x576.jpg

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-12-202111-1024x576.jpg

ここにもネジが隠れています。薄い銅のシートを破かないように一部剥がしてからネジを外します。ネジの外し忘れが無いか確認して基盤を外します。

 

古いバッテリーを外す

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-13-202111-1024x576.jpg

バッテリーは基盤に両面テープで固定されています。両面テープを剥がすためのタブがあるので、これを引っ張って両面テープを剥がしていきます。両面テープは途中で切ってしまうと、剥がすのにとても苦労することになるので、切らないよう、水平方向にゆっくりと引っ張りながら剥がしていきます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-14-202111-1024x576.jpg

無事、バッテリーを取り外すことが出来ました。古いバッテリを確認してみます。バッテリー中央が盛り上がるように膨らんでいました。原因は分かりませんが、膨れているのはバッテリー本体ではなく、バッテリーを包んでいるシートが気体で膨れているようです。それではバッテリーを新しいものに交換していきます。

 

純正バッテリーとの比較

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-15-202111-1024x576.jpg

バッテリーはAmazonで購入。バッテリーと両面テープのセットを注文していたのですが・・・。なぜか欲しかった両面テープは入っておらず、使わない工具セットが入っていました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-16-202111-1024x576.jpg

純正バッテリーと比較してみました。一見似ていますが、SONYのロゴや文章の中の索尼(ソニー)の部分が空白になっていたり、二次電池及びバッテリーの安全規格IS16046/IEC62133の表示が無かったり、分解禁止のピクトグラムが安っぽかったり、「へ」が「^」になっていたりと色々怪しいですね。フォントも微妙に違っています。なぜかPSEマーク下だけソニーモバイルと表記してあったりとコピーするのも中途半端でツッコミどころ満載です。

 

バッテリーの交換

新しいバッテリーに交換します。バッテリーをセットし、コネクタを接続しておきます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-17-202111-1024x576.jpg

バッテリーを固定する両面テープは家にあったものを流用しました。ガッチリ両面テープで固定しても良かったのですが、何かあった時のために同じように引っ張れば剥がせるタイプの両面テープで固定する事にしました。

まずは仮置きで両面テープを貼る位置を決めます。両面テープを貼る位置は、バッテリーのコネクタに干渉しない位置にします。このとき、両面テープを引っ張る際に掴めるよう、タブをバッテリーより少し出しておきます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-18-202111-1024x576.jpg

短い両面テープは基盤に開いた穴の位置を考慮しながら決めます。貼る位置が決まったら両面テープでバッテリーと基盤を固定します。テープや銅シートを元に戻します。あとは分解した時と逆の手順で組付けていきます。

 

剥がした液晶を貼り付ける

最後にディスプレイを固定するための両面テープ兼、防水シールを貼りなおします。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-19-202111-1024x576.jpg

一部複雑な形状の部分は残し、他を剥がしていきます。ディスプレイを傷つけないよう両面テープに切り込みをいれます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-20-202111-1024x576.jpg

切り込みを入れたら要らない部分を剥がします。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-21-202111-1024x576.jpg

新しい両面テープを貼る前に汚れを落として脱脂しておきます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/%E4%B8%A1%E9%9D%A2%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%971-1024x576.jpg

2㎜幅の新しい両面テープを貼っていくのですが、注文しておいた両面テープの量にビックリ。もっと小さい物だと思っていました。しかも先に注文しておいた両面テープがなかなか届かないため、これ2個目です。気を取り直して両面テープを貼っていきます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-22-202111-1024x576.jpg

貼り合わせ部分がピッタリと合うよう、余分な部分をカットします。防水シールの役割も兼ねているので、隙間や段差がないよう仕上げます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-23-202111-1024x576.jpg

ディスプレイのコネクタを接続してコネクターのカバーを装着したら両面テープの剥離紙を剥がします。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-24-202111-1024x576.jpg

位置を確認しながら浮いた部分が無いようしっりと貼り付けます。

SIMスロットにSIMカードmicroSDカードを戻します。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-25-202111-1024x576.jpg

電源を入れて起動するか確認。問題なく起動したのでバッテリー交換は無事完了しました。

 

外観もリフレッシュ

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/bamper-1024x576.jpg

今回は古くなって割れてしまったスマホケースや保護フィルムも新調しました。スマホケースは熱対策として背面を覆わないバンパーケースにしました。古い機種のため適合する物も少なく、条件に合うものは見当たらなかったので、保護フィルムも併せてアリエクスプレスで注文しておきました。ですが、発送の段階でブラックが無いということで、カラーの変更をせざるを得なくなり、パープルに変更。2週間ほどで商品が到着、意外と早かった。梱包は安定のチャイナポストクオリティ。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-26-202111-1024x576.jpg

商品の内容としてはバンパーケース、ストラップ、予備のネジとドライバー。ストラップは懐かしさを覚えますね。予備のネジは1個だけ不良がありましたが問題ないでしょう。カラー変更のお礼にと保護フィルムを添付してくれましたが、すでに保護フィルムは別の販売店に注文済だったんですよね。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-27-202111-1024x576.jpg

別途注文していた保護フィルムはというと、おまけの保護フィルムと同じものでした。しかも5枚。後日届いた3D曲面でディスプレイの端々までピッタリフィットするというディスプレイ用保護フィルムはオマケの保護フィルムと同じ商品で全くのフラット仕上げ。オマケと同じ商品に1,000円以上出してしまったかと思うと腹立たしいですね。流石にこの状況には膝を折ってうなだれました。後悔しても仕方ない、先に進みましょう。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-28-202111-1024x576.jpg

背面の保護フィルムは形状と貼る位置をしっかり確認します。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-29-202111-1024x576.jpg

確認したら脱脂しておきます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-30-202111-1024x576.jpg

背面の保護フィルムはフイルムを切らないようにして剥離紙の一部を切り離しておくと上手く貼ることが出来ます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-31-202111-1024x576.jpg

貼る位置を微調整し、位置が決まったら糊面を露出させた部分を貼り付け固定します。剥離紙を徐々に剥がしながら、ウエスなどで気泡を抜きつつ貼り付けていきます。残ってしまった細かい気泡はウエスを使い、押し出すようにすると大丈夫。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-32-202111-1024x576.jpg

次にディスプレイの保護フィルムを貼り換えます。古いフィルムを剥がしたら、表面の汚れや埃を拭き取り脱脂します。拭き跡が残らないよう乾いたウエスで空拭きします。
貼り付ける位置と形状を確認したらディスプレイの埃を飛ばして保護フィルムの剥離フィルムを剥がします。慎重に貼る位置を確認し、貼る位置が決まったらズレないようそっと保護フィルムから手をはなします。あとは保護フィルムが勝手に張り付いていきます。
気泡が残ってもガラスならそのうち無くなると思いますが、気泡が気になる方やガラス以外の保護フィルムの場合、ウエスなどで気泡を押し出します。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-33-202111-1024x576.jpg

最後にバンパーケースの装着。バンパーケースのネジを取り外して、サイズや形状の確認のため一度仮組します。大丈夫そうなら添付されている傷、ガタつき防止のシートを貼り付けます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/sony-zperia-repair-34-202111-1024x576.jpg

スマホをケースに差し込んで組み立て、最後にネジを締めて固定します。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/xperia-xz-f-1024x576.jpg

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/xperia-xz-b-1024x576.jpg

いろいろ失敗もありましたが、なんとか修理完了。見た目もリフレッシュしたので、まだ暫くの間現役で頑張ってもらいます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/xperia-endcut-202111-1024x576.jpg

 

 

 

 

 

 

久しぶりに宗像大社参拝

youtu.be

先日、久しぶりに宗像大社まで足を延ばしてきました。
七五三と西日本菊花展で少し賑わっていましたが、出店も人出もコロナ以前に比べかなり少なく、のんびりと参拝できました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/munakata-4-202111-1024x1024.jpg

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/munakata-6-202111-1024x1024.jpg

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/munakata-5-202111.jpg

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/kiku-2-202111-1024x1024.jpg

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/munakata-3-202111-1024x1024.jpg

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/munakata-2-202111-1024x1024.jpg

立派な社務所も完成していてビックリ。
御朱印帳は忘れてしまいましたが、梅ヶ枝餅は忘れず購入しましたよ。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/11/munakata-7-202111-1024x1024.jpg

帰りに道の駅むなかたに寄って鮮魚や野菜を買って帰りました。道の駅むなかたには観光客など、多くの方が訪れていて駐車場も結構いっぱいになっていました。規制明けだったので、その影響もあるのかな。

素人が砥石で包丁を研いでみた


www.youtube.com

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/knifes-202109-1024x576.jpg今回は3年前に購入して1回も刃研ぎしていない包丁を研ぎたいと思います。料理は毎日

ガッツリという訳では無く、必要になった時にだけ作っている感じなので、包丁も研いでいませんでした。ですが、流石に切れ味も鈍ってストレスに感じる時があるので、刃を研いで切れ味を復活させたいと思います。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E7%89%87%E5%88%83%E3%81%AB%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%82%8B-1024x576.jpg

包丁は以前動画でも紹介した安田刃物さんの源虎徹、三徳包丁です。良く切れると評判でしたが、期待とは少し違った切れ味でした。今回刃を研ぎ直すことで切れ味がどのくらい良くなるかも検証したいと思います。

 

包丁の状態について

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/kotestu-1-2-202109-1024x576.jpg

虎徹は両刃ですが、一見片刃に見えるほど片側にはほぼ刃がついてません。購入してから一度も研いでいないので、刃をよく見ると荒れているのが分かります。手で触っても刃が立っていないのが分かります。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/kotestu-2-2-202109-1024x576.jpg

切っ先は包丁ストッカーに差し込むときに欠かしてしまいました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/100%E5%86%86%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E5%8C%85%E4%B8%81-1024x576.jpg

ついでに手作り石鹸を切るのに使った100円ショップの包丁も研いでみます。こちらは一度使っただけなので手で触ると刃が立っているのが分かります。
研ぐ前にそれぞれ切れ味をコピー用紙を使って確認してみましょう。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E6%BA%90%E8%99%8E%E5%BE%B9%E3%81%AE%E5%88%87%E3%82%8C%E5%91%B3-1-1024x576.jpg

虎徹は紙に刃が引っ掛かる感覚があり、コピー用紙を引っかく感じで全く切れません出した。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/100%E5%86%86%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E5%8C%85%E4%B8%81%E5%88%87%E3%82%8C%E5%91%B3-1-1024x576.jpg

100円ショップの包丁は少しましですが、引っ掛かりを感じて綺麗に切ることが出来ませんでした。

 

使用する道具

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E5%88%83%E7%A0%94%E3%81%8E%E9%81%93%E5%85%B7-1024x576.jpg

今回使用する道具は砥石台、シャプトン刃の黒幕2000番グリーン、角度固定ホルダー、霧吹き、面直し用ダイヤモンド砥石400番・1000番となります。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E5%88%83%E3%81%AE%E9%BB%92%E5%B9%95-1024x576.jpg

シャプトン刃の黒幕は砥石の定番ですね。購入したのは2000番です。レビューも多く、アマゾンで人気なのは1000番ですが、少し荒らそうなので中研ぎと仕上げ研ぎを兼ねる2000にしました。ケースは砥石台にもなります。足には滑り止めのゴムも付いています。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E5%88%83%E3%81%AE%E9%BB%92%E5%B9%95%E8%AA%AC%E6%98%8E%E6%9B%B8-1024x576.jpg

説明書には中研ぎも仕上げ研ぎも兼ねられる、手間いらず時間いらずの、2000の中砥石ですと書かれています。刃の黒幕グリーンは主に中研ぎ用として以下の刃物に適しています。ということで色々な刃物の写真が載っています。その他のところにスウェーデン鋼、モリブデン鋼、ステンレス鋼などの記載もあります。源虎徹スウェーデン鋼なのでOKですね。

 

刃研ぎ前の準備

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E5%88%83%E3%81%AE%E9%BB%92%E5%B9%95%E3%82%92%E6%B0%B4%E3%81%AB%E6%B5%B8%E3%81%99-1024x576.jpg

それでは刃研ぎ作業に入る前の準備をします。シャプトン刃の黒幕シリーズは使用前に水に浸けておく必要がなく、手早く刃研ぎ作業に入れるのが特徴ですが、初めて使用する際は5~6分水に浸した方が良いらしいので、準備する間、水に浸しておきます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E7%A0%A5%E7%9F%B3%E3%82%92%E5%9B%BA%E5%AE%9A%E3%81%99%E3%82%8B-1024x576.jpg

滑り止めの濡らしたふきんの上に砥石台を置きます。砥石台の調整は砥石の大きさに合わせて固定部分をスライドさせ、ネジで締めて固定するだけなので簡単です。

 

角度固定ホルダーの場合

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E5%8C%85%E4%B8%81%E3%81%AE%E6%8C%81%E3%81%A1%E6%96%B91-1024x576.jpg

包丁の峰に角度固定ホルダーを差し込みます。角度固定ホルダーはなくても刃研ぎで来ますが、私の様な素人で自信もない方にお勧めです。包丁はしっかりと右手で握り、包丁の根元部分を親指で押さえて包丁が安定させます。

 

角度固定ホルダーを使用しない場合

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E5%8C%85%E4%B8%81%E3%81%AE%E6%8C%81%E3%81%A1%E6%96%B92-1024x576.jpg

角度固定ホルダーを使わない場合、包丁のアゴに親指、峰に人差し指を添え、ハンドルはしっかりと握ります。参考にした動画でも包丁の握り方はいくつかありましたが、しっかりと角度を固定できて安定したストロークで研げれば好きな握り方でいいみたいですね。
また、研ぐ順序も切っ先からでも、刃元のほうからでも良いみたいです。私は刃元から研ぐことにします。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E8%A7%92%E5%BA%A6-1024x576.jpg

包丁は砥石に対して45度から60度の角度で構えます。このとき刃の部分だけを砥石に当てるイメージです。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/kotestu-4-2-202109-1024x576.jpg

角度固定ホルダーがない場合は峰と砥石の間に10円玉2枚が入るくらい、約15度の角度をキープします。

 

刃研ぎ

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E5%88%83%E7%A0%94%E3%81%8E1-1024x576.jpg

研ぐ部分に人差し指と中指を添えて、砥石全体を使う様にして包丁を研ぎます。包丁を押し出す時に力を入れ、戻す時は力を入れずに軽く戻します。刃元、刃先、切っ先と数回に分けて研いで行きます。
研いでいると研ぎ汁が出てきますが、この研ぎ汁は流さない様にします。砥石の表面が乾いてきたら霧吹きで水分を加えます。切っ先部分はカーブに合わせ、位置を変えながら研いで行きます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E5%88%83%E7%A0%94%E3%81%8E2-1024x576.jpg

包丁が上手く研げていると刃にカエリが出ます。時々包丁を触ってカエリが出ているかを確認します。刃全体にカエリが出ていればOKです。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E5%88%83%E7%A0%94%E3%81%8E3-1024x576.jpg

包丁の表面を研ぎ終わったら、持ち替えて裏面を研ぎます。刃元は包丁を砥石に対して直角に当てて研ぎます。切っ先、刃先は表面と同じく砥石に対して45度から60度で研ぎます。カエリが出るまで全体を研ぎます。

裏返して砥石と包丁の隙間、約5度から10度くらいの角度で軽く2~3回研いでカエリを取ります。再度裏返して斜めに軽くひとこすりしてカエリを取って仕上げます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E5%88%83%E7%A0%94%E3%81%8E6-1024x576.jpg

爪に刃を当ててみて刃が滑らず、止まる感じがあれば刃が立っている証拠です。

包丁を中性洗剤でしっかり洗い、付着した研ぎ汁を落として下さい。包丁が乾いたら、切れ味の確認のため再度コピー用紙で試してみましょう。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E5%88%83%E7%A0%94%E3%81%8E4-1024x576.jpg

コピー用紙を切る際に引っ掛かりを感じたら、新聞紙などで残った細かいカエリを取ります。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E5%88%83%E7%A0%94%E3%81%8E5-1024x576.jpg

再度試し切りをしてスムーズに切れたら刃研ぎ完了です。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E5%88%83%E7%A0%94%E3%81%8E7-1024x576.jpg

それでは同じように100円ショップの包丁も研いでいきます。100円ショップの包丁は一般的なステンレス鋼なので、硬質スウェーデン鋼の源虎徹よりも研げている感覚が強いですね。

 

切れ味を試す

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E5%A4%A7%E6%A0%B9%E5%88%87%E3%82%8A-1024x576.jpg

定番の野菜で試し切り。まずは大根です。源虎徹は包丁が大根に張り付きますが問題なく切断できました。100円ショップの包丁も問題なし。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E4%BA%BA%E5%8F%82%E5%88%87%E3%82%8A-1024x576.jpg

人参は100円ショップの包丁が少し切れ味に粗さが感じられました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%83%AA%E5%88%87%E3%82%8A-1024x576.jpg

キュウリはどちらも気持ちよく切れました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%88%E5%88%87%E3%82%8A-1024x576.jpg

最後にド定番のトマトを切ってみます。完熟トマトではないですが、どちらもさほど力を入れずに薄く切ることが出来ました。

 

刃研ぎの感想

結果はどちらも満足できる切れ味になりました。ですが、源虎徹のほうがスムーズな切れ味だと感じます。100円ショップの包丁は切断していく過程で粗さのような感覚がありますね。材質の違いや刃の厚みなどの違いに起因しているのかもしれません。材質や見た目にこだわらず、こまめに刃研ぎするのであれば100円ショップの包丁でも十分かな。

今回は2000番のみで研ぎましたが、5000番あたりの仕上げ砥石を使えば、もう一段上の切れ味を体感できるかもしれませんね。5000番も欲しくなってきました。初めての包丁研ぎでも切れ味がこれだけ変わるので、これは沼にハマりそうです。

 

砥石のメンテナンス

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E7%A0%A5%E7%9F%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%861-1024x576.jpg

刃研ぎの後は砥石の表面を平らにメンテナンスします。砥石に鉛筆で印を付けます。水分を与えたらダイヤモンド砥石400番で砥石の表面を削っていきます。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/%E7%A0%A5%E7%9F%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%862-1024x576.jpg

鉛筆の跡が残っている所が削れて凹んだ部分になります。鉛筆の跡が消えるまで砥石の表面を平らに均していきます。鉛筆の跡が消えたら1000番で仕上げます。
水分を多めにしないと砥石同士がくっついて離れなくなるので注意です。あとは流水で洗って日陰で乾燥させてからケースにしまって保管します。

 

角度固定ホルダー

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/10/togeru-202110-1024x576.jpg

今回は初めての刃研ぎという事で角度固定ホルダーを使用してみましたが、正直ちょっと邪魔だと感じました。2~3回刃研ぎして感覚を掴めば必要なくなるんじゃないでしょうか。保険と割り切って購入してもいいかもしれませんね。

 

まとめ

どんな包丁も研ぐ前と研いだ後の切れ味は劇的に変わります。安いもので良いので砥石と砥石台は持ってて損は無いと思います。自分で研いだ包丁で料理した時に切れ味が良いと、料理が上手くなった気分になります。

 

関連記事

 

 

 

 

 

 

半年で3回目!愛車の傷のトラブル

www.youtube.com

以前、動画にも上げたHONDA S2000の公道復帰の際も実は色々とトラブルがありました。色々あったトラブルの中でも一番ひどいと思ったのが車の傷のトラブルです。
この個体は訳あって関東から九州まで陸送したんですが、その時に関東のホンダさんに色々と手配していただき、当時ホンダベルノだった地元のディーラーに直送して頂きました。その縁もあって車検や点検・修理など同じディーラーに依頼していました。

全て任せられると思ったのですが…

ですが、今回の公道復帰ではレッカーの手配から仮ナンバーの申請、保険の手続き、ナンバープレート申請、駐車場の証明書取得などは自分で行うよう言われたのがケチの付き始め。レッカー手配は仕方ないとしてもJAF加入は当社でって押してくる上に任意保険も当社保険に切り替えを何度も勧めてきておいて仮ナンバー取得の際に必用自賠責保険については一言も無し。

愛車を預ける自分もお客なのに…

無知な自分が悪いんですが、区役所で仮ナンバー申請の段階になって保険証明書が必要と言われ、あちこちに電話したりディーラーと区役所を何度も往復するはめになりました。
電話すると伝えていたにも関わらず、電話するたびに担当は休み、しかも次の日は店休日だったりして一つの案件を打ち合わせるのに一週間以上かかるというもどかしさ。電話に出てもお客さんが…と早々に切られたり、後日かけ直したり。結局、12月中旬から準備初めて公道復帰が2月。
同時にFREEDの点検も依頼してたんですが、予約日の変更が伝わっていなかったりもしたんですよね。装着しているホイールが今の車検に通らないからと純正ホイールをFREEDに積んで届けたりもしましたね。新車買い換えや新規顧客は大事でしょうが、大事な愛車を預ける自分もお客なんですけどね。

その他にもあった!イライラの原因

また、ナンバー再取得に際して保険会社に事前に準備する書類や手続きが無いか問い合わせたところ、困ってから電話して来いと半ば切れ気味に電話切られるしでフラストレーション爆溜まりです。

車検から戻ってきましたが…

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/09/s2000-scratch-2-202108-1024x576.jpg

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/09/s2000-scratch-3-202108-1024x576.jpg

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/09/s2000-scratch-4-202108-1024x577.jpg

そんなこんな色々ありましたが無事に公道復帰だなと思っていましたが、バッテリーチャージャーを繋ごうとボンネットを開けたらこの有り様。傷ひとつない状態だったラジエターコアサポートが見るも無惨、傷だらけになっていて呆然としました。しかもインシュロックで留められていたはずの配線も外れたまま垂れ下がっている状態。

早速ディーラーに電話しましたが、やっぱり担当は休み。傷の状態を告げて対応を折り返し連絡くれるよう伝えて電話を切りました。しばらくして担当から電話があり、今日は休みなので、明日改めて連絡するとのこと。
次の日、担当が訪ねてきて写真を撮って帰るも、どうして傷がついたか分からない。整備も連れて行きたいという事で後日、時間をとることにしました。

信頼を損なう対応の悪さ

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/09/s2000-scratch-5-202108-1024x576.jpg

後日、担当と整備責任者が来て状態を確認。眺めたり写真とったりするけども、どうして傷がついたか分からないの一点張りで対応については進展せず時間ばかり経過。フェンダーカバーで付いた傷だと思うが、持ち帰って検討させてほしいということになり車を預けることに。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/09/s2000-scratch-6-202108-1024x576.jpg

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/09/s2000-scratch-7-202108-1024x576.jpg引き渡しの際、足形らしき跡を図で示して、この形に見覚えはないかと尋ねましたが、フェンダーカバーの跡ですねと。某有名企業の汎用安全靴の靴底パターンを知っている人は間違いなく疑うと思います。自分はこの時点で完全に信用も信頼も無くしました。

結局は作業しているのは”人”ということ

そして店舗責任者と協議の結果、バフ掛けして傷を消しますという事になったらしいのですが、正直深い傷もあるのでバフ掛けでクリア面ギリギリを攻めても消えないと思いました。それに厳密には傷を消すのではなく、削るのだから状態としては悪くなるので気が進みませんでしたが、やむを得ず承諾。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/09/%E5%82%B7%E8%AA%AC%E6%98%8E-1-1024x576.jpg

しかしと言うか、やはりと言うべきか、深い傷の部分をバフ掛けし過ぎてクリアを完全に削った部分があり、シミのようにそこだけ変色してました。すでにOKを出した後に気付いたので、ディーラーには何も言っていません。FREEDは定期点検パックも残っていますが、今後こちらのディーラーに愛車を預けることはないと思います。ディーラーだからと信頼していましたが、行っているのは”人”ということですね。

FREED右側面全体に傷

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/09/freed-scratch-1-10-202108-1024x576.jpg

2月後、量販店から帰宅して荷下ろしをしていて気付きました。今度はFREEDの右側面、リアフェンダー付近からフロントフェンダー付近まで比較的浅い傷が破線状に付いていました。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/09/freed-scratch-1-1-202108-1024x576.jpg

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/09/freed-scratch-1-2-202108-1024x576.jpg

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/09/freed-scratch-1-3-202108-1024x576.jpg

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/09/freed-scratch-1-4-202108-1024x576.jpg

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/09/freed-scratch-1-5-202108-1024x576.jpg

推測ですが、この傷は悪戯で付けた傷ではないと思います。理由は悪戯や悪意で付けたのなら、もっと深く傷を入れるはずです。そして傷が破線状であること。悪意を持って傷を入れるなら力を入れつつ引く1本線の傷になるはずです。たぶん、アクセサリーかカバンのファスナーやチャームか何かで付いた傷だと思います。傷の線が波打っているので、歩きながら付けたのかなと推測できます。カートなら波打ちませんよね。

幸い傷は浅く軽くコンパウンドかけると消えました。自分では気付かないうちに傷付けていることがあるかもしれないので、お店の狭い駐車スペースでは身に付けているものにも注意を払って欲しいですね。

FREED左側面にドアパンチ

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/09/freed-scratch-2-1-202108-1024x576.jpg

3回目は3か月後。ドアパンチ、これは悪質ですね。これぶつけたときに気付いてると思うんですよね。この日は一番端の駐車スペースで左側にも車は止まっていませんでした。勤務が夜勤なので午後3時頃駐車、午前0時に戻ってきたらこうなってました。

腹をたてても始まらないので、コンパウンドで磨くことにしました。磨いてみると幸い凹みやエクボもありませんでした。相手の塗装がこびりついていただけで、こちらの塗装は剥がれることもなく、ほとんど分からなくなりました。仕上げの磨きとコート済塗布すれば気にならなくなりました。こんなことは本当にやめて欲しいですね。

ドラレコはタイムラプス式がお勧め

一応ドライブレコーダーを確認しましたが、Gセンサー式のドライブレコーダーには録画されていまでんでした。なので泣き寝入り、腹立たしいです。やはり防犯にはタイムラプス式のレコーダーが欲しいですね。

以前に遭ったドアパンチ

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/09/freed-scratch-0-1-202108-1024x576.jpg

実はこのFREED、購入して1万キロも走らないうちにドアパンチされてるんですよね。このときはぶつけた人が警察に連絡してくれました。でもこういった事故はあとが大変で、警察に行って実況見聞、保険会社に連絡、手続きなど色々と手間が掛かりました。ほんと、事故って良いことないです。

https://eureka4147.com/wp-content/uploads/2021/09/march-scratch-2-202108-1024x576.jpg

ちなみに、居間までで1番ひどかったのは父のマーチがディスカウントショップの駐車場でドアパンチされたときですね。この時は本当にひどくて、傷だけじゃなく筋状に凹んでしまいました。勿論、当て逃げで犯人は分かりませんでした。この時は流石に怒り心頭、しばらく怒りが収まりませんでした。

トラブル続きで気持ちも下げぎみですが、これ以上続かないよう自分も気を付けつけたいと思います。

 

関連記事

eureka4147.com